続;色んな意味で分かる人にはわかる話

2017/11/10

こんばんはおすぎです。

本日の商品も昨日に続いてRESOLUTEの712をご紹介。

昨日の710はリーバイスの501をベースにした形でボタンフライ(股間・・・社会の窓がジップじゃないやつ)

で712はリーバイスの505がベースでジッパーフライ、日本人の体型に合うようにボーイズの505をベースにしていて

710に比べると若干細身シルエット。また710はヴィンテージデニムよろしくデニムの表面の毛羽立ちがありますが

712はその毛羽を焼く事でスッキリとした印象です。

おすぎはちなみにファーストリゾルトは実は712からなんです、で履き込んでいるのがこちら↓

こーみるとまだまだ青いですね~ちなみに712のレングスは今年の7月にL29が加わりましておすぎが購入した時はなかったので

L33で裾上げしてもらってます。

本日のトップ画像は広島の尾道にある尾道デニムプロジェクトのショップです。

リゾルトを使ってリアルビンテージデニムを再現しようとする試みで、新品のリゾルトを尾道のリアルワーカー(大工さんだったり、工場勤務だったり)に履いて回収し専門メーカーで洗濯を繰り返すこと1年!加工じゃ絶対にできない雰囲気の色落ちのデニムを

販売しております。

実際おすぎはこちらのショップに伺い見てきましたよ~ぶっちゃけ新品より中古が高くなってどうすんの?って考えも行く前は

あったんですが・・・実物はかなりかっこいい!同じウエスト同じレングスでも履き手が変わるだけでこんなにも色落ちが変わるのは

非常におもしろい!物によっては新品のリゾルトの2倍ぐらいまではしたと思いますが手間とかこの色落ちは1点物って思うと

納得です。おすぎも710&712をがっつり履き込んでこの領域までいってみたいものです。

尾道また行きたいな・・・

↓↓オンラインショップです!

http://cedre-kobe.shop

Cedre Clothing Store 公式アプリ開始致しました!
アイフォン、アンドロイド共に
【cedre神戸】もしくは【セドルクロージング】と入力していただくと表示されるようになっております!
新着情報や店頭やネットショップで使える(直接購入のみ)お得なクーポンを配信致します。