イングランドの話

2018/07/12

どうも

おすぎです。

ただ今絶賛夏のセール中です!人気のアイテムが20%~50%なので是非オンラインショップを

ご覧ください!

さて日本も大健闘致しましたロシアワールドカップですが、早いもので

ついに決勝が15日にきますね~

フランス対クロアチア

サッカーになじみのない方はクロアチアって強かったんや~とか有名な選手いるの?ってな

話になりますが

クロアチアは昔から強豪国です。

ただ今回のメンバー特に中盤のラキティッチとモドリッチは

ワールドクラスの選手です。

ラキティッチは親日家としても知られていますし、チャンピオンズリーグのユベントス戦のゴールのように

ここぞって時に仕事をする選手でハードワークも厭わないです。

DFのロブレンとFWのマンジュキッチも世界でも有数なグッドプレイヤー。

マンジュキッチはケガしたっぽいですが決勝でれるんでしょうかね。

ベスト4ではイングランドと戦ったクロアチアでしたが

イングランドってどこの国?なんでイギリスじゃないの?って疑問に思う方も

思わない方もとりあえず聞いてください。

ちょっと色々な諸事情があるんですがとりあえず

イギリスは「グレートブリテン及び北アイルランド連合国」です

イングランドはイギリスの地方になります。

イギリスではほかにウェールズ、北アイルランド、スコットランドがあり

オリンピックでは主権のある国単位での出場しか認めてないですが、サッカーは認めています。

アメリカのグアムはアメリカ代表とは別の「グアム代表」というのと同じようなものです。

ちなみにウェールズも、スコットランドも北アイルランドもやっぱりサッカーとしてはまずまず

強豪国です。ウェールズなんかは古くはギグス、今ではベイルとワールドクラスの選手を輩出している

お国柄ですので統合すればワールドカップ制覇も夢ではないという戦力、というか統合するとたぶんベスト4の常連国には

なるかとは思いますが民族問題により統合は多分、少なくともおすぎが生きている間はしないでしょうね。

ちなみにオリンピックの際はイギリス代表としてでなければならないため

基本的にはイギリス代表は不参加です。

ただ2012年のロンドンオリンピックは開催国として出場しましたが

メンバーはイングランドとウェールズからのメンバーとほんまの意味のでイギリス代表ではありません。

なんかその内オフサイドの説明とかもしたいな~

商売全然関係ないし

おすぎはサッカー部でもないけど。

バスケ部でした。

 

 

 

公式アプリ始めました!

アプリのダウンロードはこちら!



上記以外には
アプリ検索ワードに「cedre」または「ドメスティックブランド」と入力して頂くと比較的上位に出てきます!

 

店内イメージムービー byお客様

 

グーグルストリートビュー 店内入り口

はてブ

 

店頭前に駐車場もあるので是非ご来店ください。

セレクトショップ 通販
セドルクロージングストアー オンラインショップ

楽天ペイ決済も可能です!

ecbo cloak を開始致しました~

ecbo cloak