• Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 着用画像 その2
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 着用 正面
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 正面
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 首回り
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW ボタン
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 背面
  • Audiece ファティーグシャツ グリストーンW 着用画像

Audience

Audience ファティーグ長袖 ボクシーシャツ

AUD6272



東京、高円寺に拠点を置くドメスティックブランド【Audience】ミリタリーファンも納得のリアルな素材感、サイズ感のファティーグシャツがデリバリー。
ファティーグシャツのモデルにしたのは、60年代US.Army OC107 Utlity Shirts(ユーティリティシャツ)をイメージして作っております。
ファティーグシャツの特徴と言えば、前身頃のフラップポケットとボタンの形状ではないでしょうか。
ボタンには、BDUボタンを採用。BDUボタンとは、1963年のジャンブルファティーグへの使用を始めとして、ほぼ全てのアメリカの戦闘服に使用されていたボタンです。
それまで使用されていた平ボタンは戦闘時における強度が低いもので、それを解消するために生まれたのが厚みと強度を増したBDUボタンとのことです。
BDUボタンは、66年から80年代にかけて、ほぼ全てのアメリカの戦闘服に使用されたということから、目にした回数も多いハズです。
着用した時にスッキリ見えるように、襟はやや小さめに設定されております。
BOX-Aラインのシルエットを少しでも邪魔しないような襟元です。
AラインのBOXシルエットで袖回りに余計なシワを生ませないようパターンメイキングしたシャツ。袖回りが綺麗だからこそ、袖口をロールアップして、ラフに着崩した感じも秀逸です。
 グリストーンW加工を施したバッグサテン素材、やや光沢感を保ちながらも古着屋にあっても違和感がないリアルな風合いです。
アンダー一万という価格帯も魅力の一つです。
 おすすめです!!
グリストーンW・・・
染料染めの後に天然穀物から抽出したタンパク質を原料とした顔料染め(ダブルストーン加工)を施したダブル染色加工です。
製品洗いを施すことによって、従来では表現できなかったようなナチュラルで上品な洗い感が出せる加工です。
この加工は「クラボウ徳島工場」でしかできない、まさに日本のものづくりの技と言える技法です。
程よい厚みで表面は滑らかなバックサテン生地を使用。
使っていくほどに自然になじむ風合いが特徴です。

¥9800(税抜き)

MADE IN JAPAN

SIZE
Mサイズ(肩幅56cm着丈82.5cm身幅63cm袖丈58cm)
Lサイズ(肩幅59cm着丈85.5cm身幅66cm袖丈58.5cm)
 カラー:オリーブ
素材
綿100%
Audience

10年先の未来を想像し、新しい価値を創造する

素材選別・生産背景選定・生産管理にこだわり、
ベーシックなアイテムの細かなディティールやシルエットを大切にし、
「 着た人が楽しくなる 」提案をし続けていきます。

素材の持つ雰囲気、時代の流れに合ったサイズ感、着合わせの汎用性を大切にし
最適なバランスを探求しています。

Item一覧