• HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE カラバリ 首回り
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE チャコール
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE ブラック 着用
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE ネイビー
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE グレー
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE sサイズ
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE Mサイズ
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE Lサイズ
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 2Lサイズ
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 正面 ネイビー
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 袖
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 背面
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 首回り
  • HOFI012 東大阪繊維研究所 リネンコットンモンスターオンスTEE 着用 全身

HOFI〔Higashi Osaka Fiber Institute〕

HOFIリネンコットンモンスターオンスT

HOFI-012



「糸」の段階から最高のTシャツを作る東大阪繊維研究所の新作Tシャツがデリバリー。
その名もリネンコットンモンスターオンスTEE!
 はっきり言って無地TEEの概念を覆すクオリティーです、価格も18000(税抜)と安い商品ではないですが自社生産のメーカーが満を持して
作る圧倒的なクオリティーを感じて頂けると自身をもってセレクトしております。
 当店でも抜群の人気で全色リピート買いする方もおられる厚地のインド超長綿クルーネック(008番、011番)を遥かに超えるモンスターオンスTEE、こちらのモデルは
後述する通りリネン混のため袖を通すと夏場に嬉しいヒンヤリとした感触。(初期冷感)
素材を贅沢に味わっていただきたいという思いを込めた、上質を愉しむ大人のTシャツです。
表面にはノルマンディ産の一等亜麻を使用した光沢のあるリネン、裏面には柔らかな肌触りのインド産超長綿を配した生地は極厚でボリューム感がありながらしっとりと滑らかな風合いです。
ブラックはソリッドカラー。
ブラック以外の3色にはニュアンスの微妙に異なる2色の糸を寄り合わせることで生まれるメランジトーンのカラーを使用し、リネンのナチュラルなイメージを一層引き出しています。
 さらにリネン特有のネップ感がハンドメイド、手作り、日本の職人の粋のような表現しにくいですが(服好きなら堪らないあの感じ)を表現しております。
艶のあるリネンの質感と綺麗なシルエットで適度にカジュアルさを抑えているので、ビジネスユースで着用してもスッキリ決まります。
糸のよじれを押さえ込んだ「ゼロトルク糸」を使って生地を編んでいるので、何度着用しても型崩れや縮みがありません。
少しだけ裾を絞ってすっきりとしたシルエットになっている分、肩から腕周りにかけて大きめの空間が出来るようにデザインしているので、厚手の生地なのに動きやすくゆったりと着られます。
引き上げ編みのタックラインをいれた襟パーツがシンプルなデザインにシャープさをプラス。細部の意匠にまで気を配りました。
カラー:ブラック、ネイビー、チャコール、グレー
※こちらのモデルはクラウドファンディングでリターン商品とは異なるモデルです、クラウドファンディングのリターン商品は7月後半頃の入荷予定です。

¥18000(税抜き)

日本製

SIZE
Sサイズ(肩幅42cm着丈68cm身幅52cm袖丈20cm裾幅49cm)
Mサイズ(肩幅44cm着丈70cm 身幅54cm 袖丈21cm裾幅51cm)
Lサイズ(肩幅46cm着丈72cm 身幅56cm 袖丈22cm裾幅53cm)
LLサイズ(肩幅48cm着丈72cm身幅58cm袖丈22cm裾幅55cm)
素材
リネン56% コットン44%
HOFI〔Higashi Osaka Fiber Institute〕

東大阪繊維研究所はエップヤーン有限会社によるTシャツブランド、

Tシャツを作るためには最適な糸を作ることから始めます。

丈夫で長持ちするTシャツを作るには丈夫な生地が必要で、丈夫

な生地を作るには丈夫な糸が必要です。

柔らかで肌触りの良いTシャツは、柔らかな糸がなければ作れません。

Tシャツを作るためには、そのための糸からつくる。

とても基本的なことですが、とても大事なことだと考えています。

 

Item一覧